読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Beautiful Sky∼せんせいあのね∼

Dance for everything! 人生にエッセンスを…♡

Beautiful Sky

せんせいあのね∼アフリカ大陸ジンバブエでの活動記録∼

Week 1 ~初めてのアフリカ、ジンバブエ~

日常生活 協力隊活動 ジンバブエ

Manhel!(マネル!)

ジンバブエの現地語であるショナ語でこんばんは!

 

せっかく海を越えてジンバブエという地にやってきたので

ここに日記として残しておこうかなと思って始めました。

 

さっそくだけど、仲間にお見送りをしてもらい、先週の月曜日(6月27日)に日本を出て、28日の現地時間ではお昼過ぎにここ、ジンバブエに到着しました。

 

成田→(4時間程)→香港→(13時間程)→南アフリカ→(1時間半程)→ジンバブエ

こんな感じのルートです。

成田から香港までは映画を2本見たりして充実。

香港から南アフリカまでがしんどかった~。

ちょっと寝ている間にイヤホンをCAさんに持っていかれる→イヤホンをもらいに行ったはいいけどイヤホンの接続悪くて映画が見れない→暇。

ちーん😞って感じでした。

ひたすら寝ることに努め、腰は痛くなりつつも寝れました(笑)

成田⇔香港で寝てなくてよかった(笑)

 

ジンバブエについてからは、公用旅券のおかげか、

JICAのパスのおかげか、荷物検査なくさらーっと入国できました。

ただ、ここでミス。

ジンバブエ、最近ちょっと(たぶんちょっとどころじゃない)お金というか紙幣が足りていなくて、出国の時は現金の持ち出しが1000ドル以上は禁止になっているみたい。持ち込みはいくらでもOK。

入国の時にいくらお金を持ってきたか申請しておけば、その額は出国の時も持ち出せる可能性があるとか。ミスりましたね。何を間違ったか1000ドルって申請書に書いちゃいました。それ以上持ってたのに。

でも、私たちが入国したと同時に帰国された先輩隊員によると、ノーチェックだったらしいので、私が帰る2年後までに、これ以上経済状況が悪化しないのを祈ります。

 

速攻携帯のSIMカードを入手。

日本でよく、「SIMにしていったほうがいい」とよく聞きましたが、何のことやら、って感じだったので、そのことには触れずに来てしまいました。まあでも、こっちで手に入ったので、特に困ってはいません。

50セントでSIMカードを購入し、5ドル入金。携帯本体はJICAから貸していただきました~。こっちでは、エアタイムというのを道端の黄色い服を着たおじさんから買って、使うらしい。通話料金は日本より結構安め♫来週末あたり日本にいる家族に電話してみようかなと。

 

f:id:riosa0903:20160706170354j:plain

(手前のピンクのが携帯、かわいい(笑))

 

宿はOfficceの近くのゲストハウス。

ほかの国はJICAのドミトリーがあるらしいのに。ジンバブエはないみたい。

でも素敵な雰囲気の宿なので、多少歩くけどOk。

音楽、柔道、PCインストラクターの隊員3人との共同生活が始まりました。

食事は料理長(柔道隊員)の指示のもと、アフリカにいるとは思えないクオリティで作ることができていて、最高に満足です。

 

こっちに来てうれしいことは、空が青くて広いことと、

星空が最高にきれいなこと。

f:id:riosa0903:20160706170103j:plain

活動でへこむことがあっても、上を向いて歩けば元気が出そう。

 

ジンバブエの主食サザ

トウモロコシの粉をお湯で練ったもの、らしい。

ジンバブエでは主食として食べられていて、現地の人は1日に2回くらいは食べている、らしい。作るときに(混ぜる)力がいるから作るのは難しいって言ってました。

ビーフ、ポーク、チキン、とかのシチュー(煮込んだもの)とか、ムリオっていう緑の葉っぱを油でいためたものと一緒に食べます。

f:id:riosa0903:20160706170404j:plain

(手前がムリオとシチュー、奥がサザ)

サザ自体に味はあんまりありません。

腹持ちは最強。

 

ジンバブエの主要な移動手段コンビ

ちっちゃいバス。ワゴン?

f:id:riosa0903:20160706170345j:plain

(これはまだスカスカ)

とりあえず ハラレ市内は50セントでのれます。

コンビが通っている道路は決まっているので、そこま歩いて出てから、道端で手を挙げてコンビを捕まえます。(ヒッチハイクみたい)

安くて便利な移動手段★

今後活用していこうと思います。

 

<街を歩いて>

ハラレはジンバブエの首都だけあって都会でした。

生活用品や食品など、なんでもそろいます。

でも、日本と物価があんまり変わらない、むしろ100均とかないから高いの買わなきゃいけないのでちょっと困ってしまいます。

 

あとは、発展途上国らしい感じも見られます。

物乞い、物売り。

視覚障害の大人を引っ張って、お金を求める子供もよく見られます。

それで生計が立っちゃうのかと思うとなんだか、な。

道端でほうきとか、でっかい鏡を売っている人たちも見られます。

デカくて、買いづらい。需要あるのかな。売れるのかな。(笑)

 

日曜の町はとっても静からしいです。確かに車通りは少なかったです。

クリスチャンが多いことも理由の一つ、と思います。

 

まだまだジンバブエを知るには時間がかかりそう。

楽しむぞ~!