読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Beautiful Sky∼せんせいあのね∼

Dance for everything! 人生にエッセンスを…♡

Beautiful Sky

せんせいあのね∼アフリカ大陸ジンバブエでの活動記録∼

Week 2 ~ショナ語の勉強 時々 デモ~

協力隊活動 ジンバブエ

Masikati!(こんにちは)

こっちに来て2週目。ゲストハウス生活はとっくに慣れてきて、徒歩10分くらいのところにあるスーパーにいつもお世話になっています。天気は相変わらず晴れ☀の日が多くてとっても素敵です!

 

月曜日からジンバブエの現地語であるショナ語の勉強が始まりました。

ジンバブエの民族は↓↓

ショナ人が71%、ンデベレ人(英語版)が16%、その他のアフリカ系(バントゥー系のen:Venda people、Tonga people、シャンガーン人、en:Kalanga people、en:Sotho people、en:Ndau people、en:Nambya)が11%、残りはヨーロッパ人やアジア人などである。

ジンバブエ - Wikipedia 引用

 

このショナ人は右上の国、タンザニアからやってきたそう。ンデベレ人は下の国、南アフリカからやってきたそう。なので、ジンバブエの中でも地方によってショナ語を話す人とンデベレ語を話す人がいます。

「ン」から始まる言葉があることにテンションが上がったのは内緒の話。

私は首都のハラレで活動をするので、今はショナ語を勉強しています。

ジンバブエは1980年にイギリスから独立した国なので、英語が公用語になっていて、みんな英語が喋れます。なのになんでショナ語を勉強するのか…

答えは簡単でした。ジンバブエ人にショナ語で挨拶をすると、さっきまで不愛想だった人も90パーセントの割合くらいでニコニコしだします。日本人が英語じゃなくて現地語を話すことがとっても嬉しい模様♫(こっちまでうれしくなっちゃいます)

自分がこれから2年間現地で活動をするにあったって、現地語は、現地の人たちと関係を作るのにとってもいい手段なんじゃないかなと、、、♪

f:id:riosa0903:20160710182432j:plain

というわけで、現地語、猛スピードで授業は進んでいますが、頑張ってついていこうと思います!現地語を勉強していると、現地の文化的な面も見えてくるので楽しいし!

 

順調に勉強していたんですが、実は水曜日、JICAのほうから外出禁止令が出てショナ語のレッスンにいけませんでした😨なぜかというと、これを見てもらったらわかるのかもしれないんですが↓↓

www.bbc.com

私は正直あんまりまだわかってないんですが、簡単に言うと、政府が公務員にさえ給料を払えていなくて、反政府の人たちによるストライキみたいなものがあったみたいです。(外出禁止だったので街の様子はわからないです)まだまだ、自分はこういう政治的なことに関して知らなさ過ぎて、恥ずかしいくらいなので、これから知っていこうと思います(日本の政治に関しても同様)。。。

 

活動するときに、一緒に働く人たちのことをよく知るためには政治経済について知っておくことは必須なのですね。。。ずっと苦手で避けてきたカテゴリなので、いいチャンスだと思って勉強してみます!

 

長くなってうざいですが、、、、

七夕もしました!

f:id:riosa0903:20160710184852j:plain

f:id:riosa0903:20160710184858j:plain

南半球なので織姫と彦星は見えませんでしたが、満点の星空で、とってもきれいでした。ゲストハウスにいた旅人やスタッフ、現地語の先生とかに「七夕」について英語で説明できて、訓練所でやっといてよかったなって★

 I wish for peace all over the world.....