読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Beautiful Sky∼せんせいあのね∼

Dance for everything! 人生にエッセンスを…♡

Beautiful Sky

せんせいあのね∼アフリカ大陸ジンバブエでの活動記録∼

Week11~新卒大岡、ついに先生デビュー!!!~

Masukati!(こんにちは)

青年海外協力隊としてジンバブエに派遣されています、大岡です。

先週、先々週とブログを書くことから逃げておりました。時間はたくさんあったんですが、なんだか、書き方がわからず、うじうじ(´・ω・`)結局気付いたら2週間も書いていませんでした。が、もっともっと、ジンバブエを、私が見る世界を、少しでも多くの人に知ってもらいたいんだよな、大岡、と思って、また書き始めました。どうぞよろしくお願いしますm(__)m♡

 

2週間前なんですが、いや、3週間前でした。

なんとですね、大岡、新卒大岡、ついに!!!

 

先生デビューを果たしました!

 

ジンバブエに来ていろんなことが初めてで、先月は作業療法士デビューを果たし、ついに!!!!

 

学校の先生デビューを果たしたんです!(2回目)

 

riosa0903.hatenablog.com

 

新学期が始まって、夏休み(冬休みかな)の間に仕上げた今学期の8クラス分の授業計画を校長先生に提出して、早速授業が始まりました。

 

私は、青年海外協力隊の中でも、青少年活動という職種で派遣されていて、要請内容としては、”肢体不自由、聴覚障害視覚障害が通う特別支援学校で、音楽、スポーツ、図工のアイデアを出して実行する”的な感じの内容だったんですが、校長先生や、ほかの先生方の話を聞いたり、授業の様子を見させてもらっていると、音楽とスポーツは結構授業として時間がとられているのに、図工がない。

 

ということで!

図工の先生、はじめました!(3回目)

f:id:riosa0903:20161001062202j:plain

<とりあえず、図工に絞ってみました>

音楽、スポーツ、図工、と、3科目の要請がありはしたんですが、とりあえず図工に絞ってみました。上にも書いたように、音楽、スポーツは時間どおり行われているのに対して、図工の授業は時間割に入っているのですが、行われていないことが多かったんです。それに加えて、先生方から、Artのクラスをやってほしいというお言葉もいただきました。ちなみに、音楽、スポーツは担当の先生がいるのですが、図工はいなかったんですね。どの先生に聞いても、「Artはあんまり得意じゃない、ってゆうか、図工について大学でやってない」と。

私、ものづくりっていうものが結構好きなので、図工なら自分にもできるんじゃないかな。と思いました。正直なところ、音楽とかは、ピアノを習っていた割に得意じゃなかったので、どうしようとドキドキしておりました。

 

ということで、長期休暇中に今タームで持つ8クラス分の図工の授業の計画書を作って校長先生に提出。先生として実際に子供たちに教えるのは初めてだったので、ドキドキでした。

 

<なんで子供たちに図工の時間って必要なの?>

文部科学省が定める図工の目標は、こちら↓↓

第2章 各教科 第7節 図画工作:文部科学省

表現すること・鑑賞することを通して、子供たちの心を育てる、情操教育、なんですね。どうやって作っていこうかな、とか、どんな材料でできるかな、とか、どんなのにしようかな、とか考えながら創ることで表現していく。この色好きだな、とか、こんなイメージだな、とか、鑑賞することを通して感覚を磨いていく。

簡単に言いすぎましたかもしれませんが、そんな感じですかね。

そうだと思います。その通りだと思います!!!

はい、

私が図工を通してここの子供たちに学んでほしいこと。

 

”自分にもできる” を体験してほしい。

 

これが一番大きな目標です。

そのほかにも、文部科学省の図工の目標にもある内容はもちろん、

・図工を通して表現力を付けてもらえたらな

・作業を通してコミュニケーションスキルがついたらな

・手先の細かい動きができるようになったらな

・単純に絵が描けるようになったらな

・モノづくりの方法を覚えてくれたらな

とかとか、いろいろ子供たちにそれぞれ目標はあるんですけど、どのクラスでも、どの子にも当てはまる目標が、”自分にもできる”を体験してほしい”。これです。

 

障害がある、ない、関係ないのかもしれないんですが、やっぱり、私は少しは関係あると思います。

 

障害があることで、「できない」「やらせてもらえない」という経験を人より多くしてきている子供たちも少なくないんじゃないかと思います。授業をしていて感じました。

・始めてもないのに「できない」「やって」という子

・「やったことない、たぶんできない」という子も少なくありません。

なので、

 

”自分にもできる” をたくさん体験することで、自信がついて、次のステップに自発的に進みたい、チャレンジしたい、って思って活動の幅が広がったらうれしいな、って思っています。

その目標を達成するためには、別に、算数でも、英語でも、音楽でも、科目は何でもいいんですけど、図工って、

目に見えたり、触ってわかる、形のあるものに完成する

ので、成果が見えやすいしいいんじゃないかと思うんです。

 

なので、大岡、図工という教科、作業を通して、子供たちの心に少しでも成長するきっかけを与えられたらな、って思います。

f:id:riosa0903:20161001062548j:plain

とか言って、ただでさえ新卒で社会人経験もなく、大学は作業療法学専攻で、教育実習の経験も無く、そんなやつがいきなり特別支援学校に入って授業だなんて、何ができるの!?

 

って。思うと思うんですけど、私もそう思います。(笑)

でもやるしかないし、やってみたいので、

ジンバブエの子供たちと先生たちにお付き合いいただいて、2年間、先生、させていただきます!!!

f:id:riosa0903:20161001062321j:plain

ちなみに先生を始めてすでに3週間、経過していて、授業も進んでおります。

次回から、授業に関しても、特別支援学校での図工のアイデアや工夫など、細かいことも書いていきたいと思いますので、アドバイスなどいただけたら嬉しいです。

 

長期休み中に、図工のアイデアをくださった方々。

ありがとうございました。実施したら子供たちの反応をご報告いたしますので!!!

 

Dance for everything!

人生にエッセンスを...♡