読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Beautiful Sky∼せんせいあのね∼

Dance for everything! 人生にエッセンスを…♡

Beautiful Sky

せんせいあのね∼アフリカ大陸ジンバブエでの活動記録∼

私が青年海外協力隊になるまで③そんな聞き方するんだ…。協力隊受験の2次試験で聞かれた意地悪な質問。

ジンバブエ 協力隊になるまで

Mangwanani!(おはようございます)

青年海外協力隊として南アフリカにあるジンバブエに派遣されています、大岡です。

 

以前、協力隊を受けることになったきっかけと、青少年活動という職種を選んだ理由について書きました↓↓

riosa0903.hatenablog.com

日本では青年海外協力隊の秋募集ももうすぐ1次書類締め切りでしょうか。

興味がある方はこちら↓↓

職種別一覧|青年海外協力隊(JV)|JICA-ボランティア

 

今回はですね、私が青年海外協力隊になるまで、シリーズ③!

1次試験合格後の2次試験の面接についてです!

 

目次

青年海外協力隊の二次試験について

青年海外協力隊の試験は、一次試験と2次試験があります。

一次試験は、志望理由や長所短所などを書く応募用紙と、選んだ職種によっては専門的な知識や考えを書く職種別試験問題の2種類があります。

一次の書類審査に合格すると、二次の面接、になるわけです。

 

二次試験は、人物面接技術面接の2種類です。(各15分)

下に覚えている質問集を挙げています↓↓

青少年活動という職種は、専門性を持たない職種なので、技術面接って何聞かれるんだろう、とドキドキでした。

 

また、当時私は、長崎に住んでいたので、2次試験前日に東京のホテルに前泊しました(試験会場が遠い人は、JICAがホテルをとってくれます)

前日にホテルで、答案づくりに必死になりながら、友達からメッセージをもらってとっても嬉しかったのを覚えています。

f:id:riosa0903:20161022161253j:plain

ホテルから見える東京タワーに感動してパシャリ📷↑↑

田舎者ですいません。。。

 

面接準備

大岡ですね、とってもビビりであがり症なんです。割り切るまでに時間がかかって、言いたいことを伝えられなかった、なんてなったら絶対後悔すると思っていたので、面接の準備は意外としっかりやりました。↓↓

f:id:riosa0903:20161022155010j:plain

といっても、作業療法士の国家試験の勉強もあったので、面接準備は前日と前々日に…JICAについていろいろ調べたり、JICAが発行している「クロスロード」を読んだり、自分の意見をまとめたり、一気に詰め込みました。実は当日の面接待ち時間も答案づくりに励んでいました(笑)

 

こんな質問が来るんじゃないかな、というのは、過去の先輩方のブログを読み漁り(ほんとにあっちからこっちまで読みました(笑))、質問集をまとめて答案づくり。

 

協力隊を受けようと思った理由が、「楽しそう」とか「なんかやってみたい」とか、そういう抽象的な理由だったので、答案づくりに相当苦労しました。

 

二次試験で私が聞かれた質問まとめ

1つの質問に対してあれこれ突っ込まれたり質問されていたので、私の場合は、質問の数はそんなに多くなかったと思います。

人物面接

優しそ~うな男性と、こわそ~うな男性の二人が面接官でした。

①自己紹介と長所短所と志望動機と…

面接官

「自己紹介と長所と短所と、志望動機と現地に行ってやりたいことと、帰国後の進路をまとめて3分でお願いします。」

 

まとめて3分ってなんだよ!!!!

もっとしゃべらせてよ!

ってか1個ずつ聞いてくれよ~!!

 

一発目から混乱でした。質問された内容の項目を1つ1つは答案を用意していましたが、まとめて3分といわれると、「何を言おう、次なんだっけ」と頭の中ぐちゃぐちゃ。一応全項目について答えましたが、時間を気にしたせいで、いろいろ言いたかったことをカットしすぎて、自己紹介なんて、出身地と大学の部活しか言っていません(笑)

 

②家族は協力隊として途上国に行くことについて賛成してる?

 これはもうバッチリだった思います(笑)母親も海外で今海外で仕事をしていて、両親ともに応援してくれていることを伝えると、面接官の方は「なら大丈夫ですね」と。むしろ私の話より、母のことについてたくさん質問されました。

(それより自己紹介させてください)

 

③どうして作業療法士にならなかったの?なぜ今なの?

 ですよね~。作業療法士の資格を取ろうとしているやつが、なんで作業療法士の職種じゃなくて、資格がいらない青少年活動で受けてるんだよ。って感じですよね。

 

面接官作業療法士として3年臨床経験積んでから受ければよかったのにね~。ははは!」

大岡(お、落とされる…。)

 

青年海外協力隊として途上国に行って、見てみたい、体験したいことがある、日本に帰ってきてからそれを生かして作業療法士としての道を究めたいんですと、それなりに伝えました。

 

④趣味はある?

面接官「途上国って、娯楽少ないから。ストレスたまったら、どうやって解消し用と思ってますか?趣味はありますか?」

大岡「ダンスに音楽に、スポーツも好きだし映画もおしゃべりも好きなので、現地にあるものと人でどうにかなります」

(もっとちゃんとした言い方ですが(笑))

 

え、もう終わり!?そんだけしか聞かなくていいの!?そんな情報量で審査なんてできんの!?もっとしゃべらせてよ~。

そんな感じでした(笑)

 

技術面接

気になっていた技術面接。面接官は優しそうな女性と、いかにも上司っていう感じの男性。私の前の受験者が面接時に笑い声が聞こえてきたので大丈夫かな~なんて(笑)

 

①なんで作業療法士にならなかったの?

一発目、またか。人物面接でも聞かれたよ!おんなじこと言っちゃおっと。

 

面接官の方のお話によると、作業療法士の受験者が増えてほしいらしく、なんで資格があるのにそっちで受けなかったのかと思ったらしいです。

 

正直、「こいつは今回不合格にしても、3年後くらいに作業療法士の職種でもう一度協力隊を受けに来るだろう」と思われて落とされないか不安でした(笑)(考えすぎかしら)

 

②英語が弱いね。どうしたの?

面接官「フィリピンに3週間もいみたいだね、でも英語が弱いって、何してたの?(応募書類を見ながら)」

大岡「…え?(苦笑)」

 

答えに詰まりましたね。何してたの?って、英語の勉強ですけど!!! 

そーんな聞き方するんだあ。ほほーう。って。(笑)

自分の弱点とこれからの改善点についてお話しました。

 

③第一希望がこの国なのはどうして?

第一希望はジンバブエの特別支援学校での情操教育でした。まさに今私がいるところです。

大学で作業療法学を専攻して、"リハビリ”、”障害”について勉強してきたので、障害を持つ子供たちが通う特別支援学校なら、自分にもできることがあるんじゃないかと思いました。

 

④なんかアピールしてみましょうか。

面接官

「第一希望のジンバブエについてだけど、あ~、ほかに4人も第一希望の人いるよ。じゃあ、彼らに負けないようなアピールしてみようか。どうぞ。」

 

大岡「はい?4人?負けないようなアピール…?(苦笑)」

 

 

こんな抽象的な質問って、ある…!?!?!?!?(笑)

 

 

まじかよ~。どうしよ~。何、負けないようなアピールって。くそう。

でも大丈夫!!!あんなに準備したじゃないか(面接会場の待ち時間で(笑))!

頭をフル回転させ、大学で勉強したことを思い出して、特別支援が必要な子供たちに対する情操教育、体育、図工、音楽について、具体的に活動内容や目的、目標を挙げて1つずつお話ししました。

すると、、、

 

 

面接官

「へえ~。やるじゃん。網羅してきたね。」

 

 

 

…勝った。

 

にしても、試されてた。完全に試されてた。(笑)

 

⑤第二希望がここなのはどうして?アピールしてみよっか。

面接官

「第二希望の国は17人も希望者がいるよ。もう一回負けないようにアピールしてみよっか。」

 

またかよ!またそんな聞き方するの!?

絶対この面接官楽しんでるだろ!

もしくは質問項目考えるのめんどくさくなってるだろ!!!!

 

しかも私、第一希望の国しか希望理由を考えていなかった。終わった。どんな要請内容かも覚えてない(笑)

「海が綺麗そうだからです!」

なんて絶対言えない。

 

大岡「第一希望以外になることがあったら、どこの国でもどんな要請でも、どんなことでもチャレンジしてみるつもりなので、すみません。理由は考えていませんでした!

 

言っちゃったよ。考えてなかった、って言っちゃったよ(笑)

 

⑥家族は賛成してる?

大丈夫。これは人物面接でもつかみばっちりだった内容。

 

「あとはこっちで、マッチング、ということでいい?」

あ、終わりですか。はい、いいです。もうなんとでもしてください。(笑)

 

まとめ

私が二次試験で予想していた質問は、一つ聞かれて一つ答えるといったものっだったので、臨機応変が苦手な私にとって、「まとめて3分で話してみよう」とか、「ほかの人に負けないようなアピールをしてみよう」といった質問には少し戸惑ってしまいました。また、「英語弱いね、何してたの?」に関しても、そんな聞き方するんだ~。と、予想外で言葉に詰まってしまいました(笑)

 

落ちたかな、と思う反面、これ受かるんじゃない?と思ったり。(笑)

 

結果、合格して、今、

第一希望だったジンバブエの特別支援学校にいます。

 

次回予告

次回の私が青年海外協力隊になるまでシリーズは、「嬉しすぎた合格発表」についてです☺!またよろしくお願いします!

 


にほんブログ村


にほんブログ村

Dance for everything!

人生にエッセンスを…♡