読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Beautiful Sky∼せんせいあのね∼

Dance for everything! 人生にエッセンスを…♡

Beautiful Sky

せんせいあのね∼アフリカ大陸ジンバブエでの活動記録∼

授業をやりやすくした必殺アイテム!!~スケジュールカードをつくってみたよ~

協力隊活動 ジンバブエ 日常生活 特別支援

Masikati!(こんにちは!)

青年海外協力隊としてジンバブエという国で、なんちゃって特別支援学校の先生をしています大岡です!

 

新学期が始まって、早いことに3週目。はっや。ほんとはっや!!!

実は、前学期ではやっていなかったことをやり始めました、それは、、、

 

 

スケジュールカード!!!!

f:id:riosa0903:20170125035138j:plain

で~んっ。

 

 

はい。スケージュールカードを作ってみました。

これが私の必殺アイテム!!!!

スケジュールカードって言って皆さんイメージつくかしら…?後で説明しますね!

ま、それを使って、授業をしてみましたので、レポートします!

 

目次

スケジュールカード(絵カード)を作ったよ!

そもそもなんで作ろうと思ったのか

 各クラスで授業をするにあたって、これまでずっと、困っていたことがありました。

それは、、

 

 

授業がまとまらない。

 

 

というのは、まず授業のはじめと終わりが、日本なら、「気を付け、礼!」とかの号令で始まると思うんですが、そんなのない。これまでは「Let's Begin The Class!」の掛け声や「Shall We Begin♫」の歌で授業のはじめはそろえて、できるだけon/offを、と思ってやっていたので、授業のはじめはまあまあ良かったんですが、終わりが…。生徒は自分の図工の作品作りが終わったらひょい~っと教室を出てしまったり、ふらふら立ち歩いたり。

 

授業中については、いきなり友達の作品を立って見て回ったり、私のところに見せに来たり、説明中に作業を始めちゃったり、、、、なかなかうまくクラスがまとめられない大岡でした。完全に力不足ですm(__)m

 

でもなぜ?

 

考えた結果、理由は2つ。

①授業が構造化されていない。

②そもそも説明が伝わっていない。

 

①については、子供たちにとって、授業のスケジュールがあやふやで、「先が見えない」授業だったので、次に何をするのかよくわかんないし、今何の時間なのかもこれってはっきりわかんない。いつ終わるのかもわからなければ、説明されたとしても覚えてられない、、、。

そんな状況だったのだと思います。

 

②については、言語!!!!です。ちびっこには現地語のショナ語じゃないと伝わらないことも多くて、英語はまちまち。聴覚クラスなんて、手話での授業ですし、子供たちですらまだ手話勉強中なので、お互い、何その手話(笑)なんてこともたまにあります(笑)そりゃ伝わらんわな。

 

ということで、この二点を改善すべく、絵のスケジュールカードを作りました!

まだ文字が読めないちびっこにもわかるように、耳が聞こえないちびっこにも視覚的に理解できるように、いつでも黒板でスケジュールを確認できて、次何をする時間で今何をすべきなのかわかるように、、、、

 

そんな思いを込めて、大岡、このスケジュールカードを作ってみました。

 

対象にした子どもたち

今回このスケジュールカードを使いながら授業を進めたのは、

・聴覚障がいがあるちびっこ(2~3年生クラス)

・聴覚障がいがある超ちびっこ(5~8歳クラス)

・肢体不自由のちびっこ(1~3年生クラス)

・肢体不自由の超ちびっこ(5~8歳クラス×2)

・肢体不自由+知的のお兄ちゃんたち(3~5年生クラス)

f:id:riosa0903:20170117045050j:plain

です。

 

こうやって作ったよ。

ちなみに、ジンバブエでのスケジュールカードの作り方を紹介します(笑)!

【材料】

・A4の白い紙(画用紙みたいな厚紙ない)

・マーカー&クレヨン(日本にもあるよね)

・セロテープ(カード補強用、ラミネーターないので、、)

・マスキングテープ(黒板にカードを貼る用、磁石ない)

・絵のセンス(ちょうど作ったときはプリンター使えなくて手書きしかなかった)

です。

 

【作り方】

①スケジュールに入れたい絵を描いて

②切って

③セロハンテープでコーティング(補強)

以上です!

 

こうやって使ったよ。

まず、こんな風に黒板に貼り付けて、、、↓↓

f:id:riosa0903:20170125035200j:plain

授業の初めに「今日のスケジュールはこんな感じだよ」を絵カードを使って発表。

「♫」は歌を歌うよ!

「✊」は運動をするよ!

「✒」はクレヨンで色塗りをするよ!

という意味です。

1項目終わるごとに絵カードをはがして「ENDボックス」に入れていきます…

↑↑この作業はクラスによっては生徒にやってもらいます。

黒板のカードが全部はがれると授業終了~です(/・ω・)/やったね!

 

ちなみに「👀」「👂」のカードも用意していて、

「👀」は「お友達の作品を見てみるよ~」

「👂」は「先生のお話しをよ~く聞いてね(作業の説明)」

です!!

 

子どもたちの反応は?

 これまで授業の始まりはグダグダ、図工の作業工程を説明している時に立ち上がってクレヨンを取りに行ったり、友達が作品を発表しているときに自分の作品を私のところに持ってきて「見てみて!」って、とにかく自由な行動が多かったのですが、なんと、、、、

 

それらが減りました!!パチパチパチ~👏

 

授業の終わりも、これまでは、自分の作品が完成したらふら~っと教室を出て行ったり、うろうろ友達にちょっかい出したりする子もいて、どこまでが授業かわからないこともしばしばだったのに「これで授業はおしまいです」までちゃんとできたんです!!!

f:id:riosa0903:20170125035132j:plain

大岡、感動しちゃいました!!!

 

ちゃーんと一緒に黒板に注目してスケジュールを一個一個確認して、スケジュールに沿って授業が進んでいきました。

 

なんじゃこりゃ!とってもやりやすいよ、大岡!!!

ちゃんと話を聞いてくれるし、必要以上に立ち歩くこともなかったし、思った以上にスムーズに授業が進みました!

 

 先生たちの反応は?

「あなたのカードを使った説明はとってもいいと思う」

「わかりやすいね」

という言葉はいただきましたが、あんまり興味なさそう、というのがホントの話。

最近は授業中に教室にいてはくれますが、まだずーっと一緒に授業に入ってくれているとは言い切れない状況なので、まだ、しっかり見てもらってからのアドバイス、コメント、というものはもらえていません。。。。

それに、そもそも、ジンバブエの先生たちにこのスケジュールカードは必要なのか、という問題も出てきます。先生たちは時間どおりに授業をはじめるわけでもないし、言語は子供に通じるし、授業の終わりなんて、あってないようなもん。日本っぽい「授業!」では全くありません。

 

なので、ジンバブエスタイルの授業にこのスケジュールカードはそもそもいるのか、と。私が考える「授業っていうのはこういうもの」という授業をしたいから、導入した、とも言えますし…(´・ω・`)

 

調子乗ってこれもやってみた。

 聴覚、肢体不自由のちびっこだけでなく、聴覚クラスに1人だけ「聴覚障がい+自閉症」のちびっこがいます。その子は、黒板に注目することもできなかったので、机に置けるように、、、

 

 

ミニ!!!スケジュールカード!!!

f:id:riosa0903:20170125035141j:plain

でで~ん!(ミニENDボックス付き(笑))

作りました~

 

机の上の、手元に近い場所なら目に入りやすいしフォーカスをあてやすいんじゃないかなと考えました。

 

さて、使ってみた結果なんですが、、、、

 

机の上のカード、すべてまとめてぴょ~い!!!

遊び道具になってしまいました(/・ω・)/がーん。

 

敗因は、いろいろあるのですが、

①台紙を用意していなくて、机に直接置いてしまって、子供にとっては、なんでこんなところにこれが?状態

②そもそも個別にこのカードを使う練習をしていないのにクラス型の授業で導入したところで、ムリ!(+手が回らない)

 

ちょっとまた考えます。(個別に時間取れたらいいなあ、) 

一気にやろうとした大岡がバカでした!出直します。はい。

 

これから…

 ん~。先生たちに使ってもらう必要があるかどうかは別として、大岡が授業をするときにはとっても使い勝手のいいものでしたし、子供たちの様子も前より良くなった気がします。なので、今後も私は使っていきます。

 

また、お兄ちゃんたちクラスには、絵だけでなく、文字のスケジュールカードでもいいかなと考えているところです。

 

おわりに

実際のところ、このスケジュールカード、子供たちにとっていい影響があっただけでなく、私にとってもいい影響がありました。

私の「言い忘れ、説明し忘れ削減」にもなりましたし、「授業中話があっち行ったりこっち行ったり」もなくなりました。私もこの視覚化されたスケジュールのおかげで、授業が組み立てやすくなりました!

 

・作業の順序を目で見える形にしてわかりやすく

・作業内容を言語だけでなくイメージ(絵)で理解できるように

見通しが立てられる環境づくり

 

スケジュールカード恐るべし!まだまだ考えていくべきところはありますが、新卒大岡の強い味方になりそうです!!!

 

ジンバブエからは以上です!

 

あわせて読みたい

riosa0903.hatenablog.com

riosa0903.hatenablog.com


にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

 Dance for everything!

人生にエッセンスを…♡